日常  

令和のガレット・デ・ロアは素晴らしい!

見てください!この出来ばえを!

これは、東区のブーランジェ・リシェの遠藤シエフ。

こちらは、ルーテシアの伊藤シエフ。

どちらも、素晴らしい出来上がりですね。

 

つい、数年前まではあまりなじみの無いケーキでした。

私は、このケーキの中に入れる、フエーブという小さな人形
を集めていたので、知っていましたが、新潟では、そうそう
売れるケーキではありませんでした。

フランスの1月6日公現祭というお祭りに使うケーキで
中に入っているフエーブが当たった人が王様になるという
楽しいゲームが出来るお菓子です。

それがなんと!今、爆発的に売れていて、
日本中のケーキ屋さんが作るようになりました。

この二人の作品は本場のフランス人シェフに負けないと
いうかそれ以上の出来栄えです!

こんなに出来たらすごいですよね~.
そしてとてもおいしいんです!

がんばれ!新潟のケーキ屋さん!パン屋さん!