レシピ  

新潟名物・からし巻きを作ってみませんか?

新潟では、冬になると切り干し漬けという漬け物を作ります。大根の皮をむき、たてに六つ割りにしてカラカラに干し、お湯で洗ってから細かくきざみ、日本酒、みりん、しょうゆを合わせて煮立たせた汁につけます。

更に、ニンジン、コンブ,するめ、カズノコを入れる新潟ならではの漬け物ですが、もうひとつとてもおいしい切り干し漬けがあります。

新潟市の西蒲区の名物なのですが、

大根をまるのまま、2~3ミリの厚さに切り、縁を細く線状にきり、そのままカラカラになるまで1週間くらい乾します。

お湯で洗って戻し、水気を切ったら一枚づつ広げて、中に ねりがらしを入れて巻きます。

最後に細い縁のひもでくるりと巻き容器に並べたら、

みりん、しょうゆ、日本酒を煮たてた汁をさまし、上からたっぷりとかけて漬けます。

 

テレビ番組で紹介されてすごく人気が出ました。

辛子がピリッときいておいしいですよ!

私は中にしょうがを入れたり、ニンジンやするめ、昆布などを巻き込んで作っています。

これからの季節、大根がよく乾いてつくりやすいので挑戦してみてください。