レシピ  

笹だんごの季節です。手作りしてみましょう!

新潟では6月が旧暦の端午の節句で、だんご作りをするのでだんご月とも言われています。

昔はどこの家でもおだんごを作ったものです。とってもおいしいので作ってみてください

☆☆☆ 材料30個分 ☆☆☆

〔だんごの粉〕
もち米・うるち米(7対3) 500g
砂糖   1/2カップ

だんごの粉はもち米の粉が多めでうるち米を3割位混ぜるとおだんごがかたくならないと言われています。私はかくし味に砂糖を粉に混ぜています。

ヨモギ(乾燥) 40g
あんこ                  約1kg
笹の葉                  90枚
すげ      30本

☆☆☆ 作り方 ☆☆☆

1. ヨモギをゆでて洗い、フードカッターにかけてみじん切りにし、汁を絞っておきます。

2. 絞り汁とお湯を使って柔らかくこねます。

3. 1個30g位の生地にあん30gを包んで丸め、手にサラダ油をつけて全体にまぶし、玉子形にします。

4. 笹の葉3枚で包み、しばりひも(すげ)で上、下、真ん中としばります。しばり方は地方によっていろいろありますが、基本的には、中に水分が入らないようにしっかりと縛ります

ポイント!笹の裏と表を良く見て、だんごを表で包んでください。

5. 縛り終わったら蒸し器で15~20分蒸します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

出来上がった笹団子は室温で4~日大丈夫ですが、冷凍保存が一番良いと思います。凍ったまま電子レンジで1分くらい加熱すると出来たてと同じおいしさですよ!固くなったおだんごは、笹に包んだままオーブントースターか魚焼き器で焼いて食べると、おいしいです!