就職実績

OB&OG

えぷろんで夢を叶えた先輩たちをご紹介。

古門(日本料理/新潟市)
前田 裕貴さん
2009年卒業/調理技術科 OB・OG紹介

新潟市内の日本料理店に勤め、新潟市若手料理人コンテスト2018でグランプリを獲得した先輩を紹介!

− profile −

えぷろん調理技術科を卒業後、東京の老舗日本料理店「なだ万」を経て、2014年にUターン。
現在は、なだ万の大先輩であり古門のオーナーである長谷川料理長の下で技術を磨いています。
また新潟市主催の若手料理人コンテスト2018では数々の実力者が募る中、グランプリを獲得。

 

新潟市若手料理人コンテスト2018の料理

落ち着いた雰囲気が心地よい「古門」の店内。
カウンター前で仕込みをしている前田さんにえぷろんでの思い出や、今の仕事のやりがいなどを聞いてみました!

大会に出場したことが一番の思い出です。

えぷろんにいたころの思い出は、今でも記憶に残るくらい大会に出たことが大きいです。
若手料理人コンテスト2018でグランプリを獲れたのも大会で培った経験のおかげだと思っています。
社会人スタートしてからも大会で練習していた桂剥きなどが最初からできていたので、その分他の新入社員よりもいろんなことをやらせてもらっていました。
今こうして料理人として働いているのもえぷろんでたくさんのことを学ばせてもらったおかげです!

お客さんの「おいしい」がやりがいにつながっています。

お客さんが目の前で「おいしい」って言ってくれた表情というか、気持ちが伝わってきたときは本当にやりがいを感じますね。この仕事をやっていてよかったなと思います。
今の一番の目標は「古門」の二番になりたいです。尊敬する親父さんの元で技術を磨いています。

 

これから和食料理人を目指す高校生へのメッセージ

和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、注目度が上がってきているのでこれからどんどん和食は盛り上がってくると思います。
一度和食のお店に食べに行くとお店の雰囲気だったり、繊細な味つけ、旬の食材のおいしさを感じることができ、和食のいろんな良さがわかると思います。
一度お店にも食べに来てみてください!お待ちしてます!

先日、えぷろんで「古門」の長谷川料理長と一緒に特別授業をしてくれました!ありがとうございました。
前田さんから日本料理に対する熱い想いを感じることができました。
これからもたくさんのお客様を喜んでもらえるよう頑張ってください!