学園生活  

あめ細工の授業を紹介します。

製菓科の二年生はあめ細工の授業、本格的なチョコレートの授業が大好きです。

今回は、あめのピエスモンテを作る時に中に組み込む花で人気のあるバラの花を作っているところです。

 

高温のあめランプの下で、130℃の熱いあめを引いたり、花びらの形に伸ばしたりと大格闘!みんな真っ赤な顔で汗びっしょりになってがんばります。私は、”みんな!水飲んでね、熱中症になっちゃうよ!”と怒鳴り続けていますが、学生さん達はあめ細工に一生懸命で水を飲むのも忘れているくらいなんです。

黙々と作り続け、完成!全員がとてもきれいに作りました!

2回の授業でバラの花が2輪できるのですが、今度は、リボンに挑戦です。えぷろん学園では、全員が、飴細工とボンボンショコラが出来るようになり、素晴らしいパティシェやショコラティが誕生します。

がんばれ!学生さん!